<   2017年 11月 ( 1 )   > この月の画像一覧

お泊まりバースデー

 めばえ独自のお泊まりバースデーのねらいはいくつもありますが、特に①自立心(独立心)を育てる。②友だちと相談する、協力する態度を育てる。の2点です。
 お父さんもお母さんも一人っ子という家庭が増えています。子どもはいとこ同士でおじいちゃん、おばあちゃんの家で泊まる経験が無くなっています。お母さんと一緒のことが多いですね。お泊まりバースデーに参観することで人工的に第二の母子分離をします。(第一の母子分離は入園の時です)夕食が終わった時、風呂に入った後、就寝の時、子どもによってはその時その時からソワソワし始めます。私たち教師の話(説得)に落ち着く子、友だちの「私も寂しいけど、一緒に頑張ろう」の声に「うん」と応える子。このようにして一夜を過ごすと、昨日の不安がうそのように自信に満ちた表情を見せます。
 ピッコリーノに集合して一番の関心は夕食に何を食べるかです。お兄さんお姉さんから、またすでにお泊まりをした友だちから夕食は「カレー」という情報が行き渡っています。しかし、すんなりカレー作りとはいきません。園長や直己先生が「すき焼きがいい」「トンカツがいい」と横槍を入れますが、子どもたちは「絶対、カレー!!」の声。では、「どうしてカレーがいいの?」と、こちらも反撃の手を緩めません。一人ひとりが「カレー食べたい」「カレーが好きだから」の声が出尽くしてようやくメニューが決定します。
 さて、中味は何にしようか!?玉ねぎ、人参、ジャガイモは問題ないとして、お肉です。牛、豚、鶏と色々出てきます。ここでもそれぞれ牛肉派、豚肉派、鶏肉派等々、意見を出し合い、折り合いをつけていきます。
 それぞれの意見を出して相談する。調整する。折り合いをつけて最後は協力する態度を学んでいきます。
 子どもにとって楽しいお泊まりバースデーですが、ピッコリーノに集合して翌朝を迎えるまでは毎回色んなドラマがあります。ドラマの場面々々を乗り越えて、子どもたちは本当の6才に成長していきます。

[PR]

by mebae-en | 2017-11-14 10:24