<   2012年 08月 ( 1 )   > この月の画像一覧

良く食べ よく寝る 大切さ

 先日の新聞で次のような結果の記事が出ていました。
 小学生を対象にした調査で、朝食に2品目食べる子どもと、4品目のおかずを食べる子どもの違いです。それは、4品目のおかずを食べる子どもの方が学校での集中力・学習能力が高いという結果です。食育への関心が深まっている中での調査です。が、4品目食べるということだけがその要因でしょうか?

 ①「早寝早起き朝ごはん」という標語がありますが、早起きする子どもの方が登校するまでの時間に余裕があるので4品目食べることができる。
 ②また早寝早起きする子どものほうが体内リズムの調子が良く、4品目食べることができる。
 ③あるいは、お母さんが早起きで、4品目作り食卓に提供できる家庭である。
 など、前提となる理由も考えられます。
 いずれにしろ、子どもには大人以上に体力をつけさせるための食事に十分気を配りたいですね。

 100マス計算で有名な陰山先生のお話を伺ったことがあります。小中学生対象の先生の調査では、7時間から8時間睡眠を摂る子どもの方が全体的に学力が伸びる。それより少ない子どもは伸びにくいという結果であるという内容です。
 小中学生より前段階の幼児期には睡眠が更に重要ということが分かります。
 私たちの先祖は昔から「寝る子は育つ」とよく言って来ました。まさしく、眠ることで知力と体力を養っているのですね。

 ところで睡眠だけでは1つの側面でしかありません。冒頭のテーマ「食育」に戻って考えてみますと、2品目より4品目という形でバランスのとれた食事の大切さが浮かび上がって来ます。
 三大栄養素(炭水化物・脂肪・蛋白質)と必須アミノ酸(みそ・納豆などの発酵食品に多く含まれます)など、身体を丈夫に育てる食事の材料と素材の働きなどに注意して我が家の食卓を見直してみませんか?
[PR]

by mebae-en | 2012-08-09 15:22